お泊り保育(そら・ひかり組)

7月11、12日とそら・ひかり組はお泊り保育へ行ってきました。前日、少し不安な顔で過ごしていた子ども達でしたが、当日の朝は頑張る顔になって元気いっぱい登園してくれました!!
本園と分園前で大きな声で「いってきま~~~す!!!」
さぁ出発です!!
同じ京都市でも「花背こども村」は子ども達にとって、とても遠く感じる場所です。でも、保護者の方の愛情いっぱいのおにぎりで充電完了!!
朝早くからおにぎりをにぎっていただきありがとうございました。
雨が降っても広いホールや部屋があるので、いっぱい遊べます!
交流の森もくじゅでの木工も楽しみました。とんかちやくぎを使ってペン立てを作りました。最初は釘が曲がったり、飛び出たりとハプニングがいっぱい。
「失敗」をくりかえしている間に自分で「成功」できるようになってきましたよ。子ども達の能力は本当に素晴らしいですね。
おやつは、、、
「すいか割り!」
大きな大きなすいかを目隠しして「えい!」
応援チームは「みぎ!みぎ!」「まっすぐ!!」と大盛り上がり!!甘くて美味しいすいかでした。

大きなお風呂では、みんなが使うお風呂(公共の約束)の話しをして入ると、きちんと守ってできました。
そして今日は自分で髪の毛や体をしっかり洗えましたよ!

夕食は大好きなカレーです。
場所が変わると一段とおいしくなるようで、たくさんおかわりしました!

1日目の最後はお楽しみ!?のきもだめしです。
怖がる人、楽しみにしていた人、みんな勇気をだして「勇気のボール」を取りに行きました。
泣いていた人も、小さな手の中にあるキラキラのボールをみると少し誇らしげな顔になっていました。

「おやすみなさい」
と思ったら、お友達とコソコソとお喋りタイム。
楽しい一日でしたね。
お喋りしていたと思ったら、すぐに寝ていまいした。
2日目。
朝からすこしお散歩です。きれいな空気を体いっぱいに浴びたり、木から溢れる樹液を見つけたりしました。

野菜収穫では、真っ赤なトマトをとりましたよ。
たくさんの赤いトマトをみて「う~ん、どれにしようかな~」と迷っていました。
美味しかったかな?

いよいよ保育園へ帰ります。
長かったようであっと言う間の2日間、子ども達は助け合ったり、頑張ろうとしたり、失敗してもあきらめなかったり、色々な体験を通してまた大きく成長しました。

保育園に着き、おおきな声で「ただいまもどりました!!」

また、いつもの生活に戻りますがこの2日間の経験が子ども達の「こころのねっこ」の1つになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です