入園・進級おめでとう!

4月2日(木)新年度が始まりました!
今日は、進級式です。園長先生のお話や先生からお楽しみ、そして新ひかり組になったお兄さんお姉さんの素敵な歌を聴きました。
つい、この前まではそら組(年中)だった、みんな。今日は「ひかり組!」と呼ばれるだけでなんだかピシッとかっこよくなります。
これから1年、先生たちと楽しく過ごしましょうね。
そして、4月4日土曜日、入園式が行われました。
小さな可愛いお友達がたくさん入園しましたよ。

令和元年度卒園式

3月21日(土)令和元年度卒園式が行われました。
今回は新型コロナウイルスの感染予防のため、時間縮小、人数制限などいろいろな制約のある中、無事この日を迎えられたことを嬉しく思います。
さぁ卒園児の入場です。いつも以上に堂々としています。
園長先生より卒園証書をいただきます。
園旗に13個目の印がつきました。13回目の卒園式です。
卒園児より暗唱「雨ニモ負ケズ」、斉唱「心の根っこ」です。
どちらの言葉も園生活でたくさん唱えてきました。
しっかりと体に染み込んでいるはずです。
在園児代表そら組と斉唱「旅立ちの日に」。
ひかり組さんがお手本だと、そら組の歌声もだんだんと上手になってきました。
ありがとう。
最後はそら組の「蛍の光」の演奏で退場です。
ぼくたち、わたしたちが園の代表なんだ!と一生懸命練習に取り組んできました。
その甲斐あってどのパートも短期間で完成できましたよ。
園庭ではそら組は待ってくれていました。花束の贈呈です。
ひかり組のお兄さんお姉さんありがとう。
約6年前、産声を上げた子ども達がこんなに大きくなりましたよ。
今までいろんなことがありましたね。小さな体で一生懸命努力し、1つ1つ乗り越えてきました。
それが心の根っことなり、これから大きな木となり花を咲かせてくれると信じています。

4月からは一人で歩いて小学校へ行きます。
少しずつ自立、自律していく子ども達のことを共に見守っていきたいと思います。

乳児の頃は、「手」を離さず。
幼児の頃は、「目」を離さず。
そしてこれからは「心」を離さず。
「番外編」
3月23日(月)桂川小学校を卒業した「卒園児」が晴れ姿を見せに来てくれました。
入園したときに担任だった先生に会えて、大喜びです。
わざわざ、ありがとう。また、会いにきてくださいね。

お別れ遠足

3月17日(火)少し肌寒いですがとってもいいお天気になり久しぶりの園外保育へ行きました。
行先は「びわ湖こどもの国」です。新型コロナウイルスの影響であちこちが休館になり、卒園旅行も中止。びわ湖こどもの国より屋外遊具は開放します!と連絡をいただき、ほし、そら、ひかり組でお別れ遠足へ行きました。
お昼ごはんは、広い芝生広場でいただきました。
保護者の皆様、朝早くよりお弁当を作っていただきありがとうございました。
お昼からもたくさんの遊具であそびましたよ!
先生よりも高い遊具に登れました!!
こちらはターザンです!
キャー!!と言いながら、思いっきり体を動かして遊びました。
いよいよ、今週末は卒園式です。

お別れ会

3月12日(金)本園にてお別れ会が行われました。
もうすぐ卒園するひかり組、遠方へ引っ越しするお友達、転園するお友達。
それぞれの道へ歩み出します。
「かきかたコンクール」の表彰です。
毎年、卒園式で行われていますが、卒園式縮小のため今日のお別れ会にてみんなの前で表彰されました。
みんなとてもきれいな文字が書けるようになりました。
ひかり組による歌「たいせつなもの」の発表です。6年間の日課活動。小川先生の音楽指導でとてもきれいな歌声になりました。先生も子ども達も聞き入っています。
お別れ会の最後は、恒例の「こぐま大食堂」です。
はな組、ほし組、そら組、ひかり組、先生たちみんなで今日はいただきました。
メニューはもちろんひかり組のリクエストメニューです。
卒園まであと少し。

3月3日ひなまつり

3月3日はひな祭りです。
本園、分園それぞれにすてきなお雛様が飾られました。
ひな祭りの製作の発表です。
みんな可愛いお雛様🎎ですね。
こちらは立体製作です。
どんぐり組もかわいい作品ができました。
ひかり組の女の子たちが代表で「ひなまつり」のうたを披露してくれました。
【1番】
あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり
【2番】
お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔
【3番】
金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣
【4番】
着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

無病息災を願うひな祭り。新型コロナウイルスも早く終息してほしいですね。

「第4回保育園就職面接会(2/28)」「第1回FUKUSHI就職フェア(3/8)」「京都府保育園就職説明会(3/15)」 に    ご参加予定の方々へ

当該日程にて開催予定でありました就職フェアがコロナウイルスの影響により中止となりました。こぐま上野保育園のブースにご関心をお持ちで保育士での採用を希望される方々につきましては、求人のご相談に適宜応じさせていただきますのでお気軽に保育園にお電話ください。

マラソン大会

3月20日西京極総合運動公園補助競技場でマラソン大会が行われました。
年少ほし組、年中そら組、年長ひかり組が出場しました!
さぁ始まります!「いちについて、よーい、どん!!!」
毎朝、園庭やサイクリングロードでマラソンをしている子どもたちは広い広い競技場で力強い走りを見せてくれました。
「最後まで諦めずに走る!」ことを目標にみんながんばりましたよ。
ひかり組はもうすぐ卒園です。園での生活や行事も残り少なくなってきました。
最後の登園の日まで元気に来てくださいね。

ブリの解体

今日は給食でお世話になっている仕入れ先の魚屋の「一水」さんが大きなブリと一緒に来てくれました。
そして、これからブリの解体を目の前で見せてくれますよ!!
大きなブリと一水さんの楽しいお魚のお話にみんなくぎ付けです!!
ひかり組はブリと記念写真を撮りましたよ。大きいですね~
おいしそうな切り身です。この後、給食の先生が「ブリの照り焼き」にしてくれましたよ。
みんながよく見るお魚は↑↑↑この形状がほとんどかな。
魚のさばく姿や、内臓、骨など普段見れないところをたくさん目の前にした子供たちは、食べ物をいただく大切さを感じたようです。
「番外!?」園庭に植えた人参がやっと収穫できました!
種を植えて、お水をあげたり、草ひきをしたり、たくさんお世話をしてくれました。
まだかな~まだかな~葉っぱは大きくなったけど人参はどうかな~
土の中は覗けないので、ドキドキしなから収穫しました。

音楽リズム発表会

2月14、15日本園にて音楽リズム発表会が行われました。
1年の集大成となるこの行事は、本園の保育内容の基礎でもあります「うごき・ことば・リズム」の「ことば」と「リズム」の部分にあたります。
この日のために特別にするわけでもなく、4月から毎日取り組んできたことの発表の場でもあります。
うまく歌える、上手に演奏するを目標ではなく、この場に立つことがとても大切となります。大勢のお客様を前に1人ではできないことがお友達と一緒にすることで、連帯感や一体感を感じたりお家のかたに認めていただくことで自己肯定感へとつながります。
お家の方を見つけて、少し泣いてしまったお友達も「いつも」のお歌が始まればニコニコ笑顔になり、堂々と発表してくれましたよ。
2歳児からは、週1回音楽あそびをしてくださっている小川先生の伴奏で発表です。
いろんな楽器を持って演奏です。担任の指揮を見て、自分の演奏するところ、お休みするところ、バッチリですね!!
そら組、ひかり組になると、歌詞の意味も少し理解できるようになり、心こめて歌えるようになってきます。毎日の発声が素晴らしい歌声を聞かせてくれました。
ひかり組になると、楽器の演奏も少し複雑なリズムが入ってきますが、これも毎日のそれも0歳からやっている日課の「リズムパターン」でからだにしみこんでいるので、楽しみながら演奏しています。緊張しているのは先生だけのようでした。とても頼もしい年長クラスです。

実は、この前日インフルエンザに羅患したお友達がいました。本人は何が何でも出たい!とお家で泣いたそうです。そのことを担任から聞いたみんなは、「○○ちゃんの分も頑張る!!」「練習しよう!!」と心温まる雰囲気となりました。