こぐま保育園 お茶教室8(ひかり)

22 11月

ひかり組の子どもたちは昨日の疲れも見せず、元気に全員登園してくれ、午後からこぐま白雲北保育園に8回目のお茶教室に行きました。

お帛紗の使い方が上手になってきた子ども達は、今日は初めてお棗をお帛紗で拭く作法を教えていただきました。「どちらの手で持つのかな?」「たたみ方は合っているかな?」と先生のお手本を真剣に見ながら取り組んでいました。

お茶のたて方がどんどん上手になっていくひかり組さん。綺麗な泡がたっていました。最後に「の」の字を書いて締めるのが得意なようです。

そしてお楽しみの和菓子は「山茶花」の花の形をした綺麗な和菓子でした。「たきびの歌に出てくる花や!」と話していました。

来月はどんなことをするのかな?和菓子は何かな?と早速楽しみにしている子ども達です。