こぐま保育園 クッキング 亥の子餅(ほし)

28 11月

11月28日(木)

こぐま保育園のほし組では、亥の子餅を作りました。

亥の子とは、イノシシの子ども(うり坊)のこと。子沢山な動物であるイノシシを模したお菓子を食べることで、子孫繁栄や無病息災のご利益が得られるそうです。

給食の先生が、子どもたちにもわかりやすい言葉で話してくれて、皆真面目に聞いていました。

あんこ、白玉粉、上新粉、黒ゴマ、水をボウルに入れて混ぜます。

真剣に混ぜる子、感触を面白がる子と反応は様々でしたが、それぞれ楽しんでいる様子でしたよ。

「いーっ!!」

「なんだこれー!!」

生地ができたら、まあるく成形し、フォークを使ってウリ坊の背中の模様に見立てた筋をつけます。

粘土遊びのようにこねこね楽しんでいました♪

給食室で蒸してもらい、最後にきなこをかけたら完成です!

とっても大きかったのですが、皆ぺろりと完食!

おかわりをする子もたくさんいましたよ!


きなこのおひげができちゃった♪

今日は一段と冷え込み、いよいよ本格的な風邪のシーズンが近づいてきましたね。亥の子餅をたらふく食べて、無病息災元気いっぱいに冬を乗り越えてほしいと思います。