こぐま保育園 お茶教室(ひかり)

18 6月

6月18日(木)午後

こぐま保育園のひかり組は、こぐま白雲北保育園へ初めてのお茶教室に行きました。

何日も前からカレンダーを見ては「もうすぐお茶教室だね!」と楽しみにしていた子ども達。待ちきれなくて、いつもは友達とおしゃべりをしながらわいわい食べる給食もあっというまに食べ終わり、13時に来る予定のバスを「まだかな~?!」とそわそわ待っていましたよ。

バスに乗ると、ワクワクと緊張が混ざった表情にかわり、子ども達の心臓の音が聞こえてくるかのようでした。

こぐま白雲北保育園に着くと、先生達にきちんと挨拶もできましたよ!

お茶室へ入ると、真ん中の畳を踏まずに移動する、というお約束を最初に教わりました。

その他にも、お茶やお菓子を頂く時の作法やご挨拶、お茶の点て方など色々な事を教わり、どれもしっかり聞いて初めてとは思えないほど上手でしたよ!

お抹茶を初めて飲む子もいる中、「おいしい!」「大人の味だね。」「ちょっと苦い・・・。」「コーヒーより苦くないよ?」などなど、いろいろな感想が飛び交いました。

少し苦手だった子もいたようですが、きっと今までのひかり組さん達のように、最後には皆お抹茶が大好きになっていることと思います!

今日のお菓子はピンク色がかわいらしい水まんじゅうでした。

もちろん中身はあんこなのですが、色が違うため「あんこが入ってないのにあんこの味がする!」と言う子もいて可愛らしくてつい笑ってしまいました!

お茶教室が終わり立ち上がると「足がしびれたー!」と子ども達。

それまでとってもお行儀よく座っていたので、てっきりしびれていないのかと思っていたほどでした。皆がんばっていたのですね。

帰りのバスでは、「楽しかったー!」と満面の笑み!

初めてのお茶教室を楽しみながらも、礼儀正しく行儀よく振舞おうと頑張ることもできた子ども達の姿を見て、とても誇らしく感じたお茶教室でした。